山代印刷株式会社様に職場見学・体験を受け入れていただきました。(7/26)

7月26日(木)、山代印刷株式会社様に職場体験型担い手育成事業(京都府「若者就職・定着応援事業」)の訓練生4名の職場見学・体験を受け入れていただきました。山代印刷様には、「きょうと生活・就労おうえん団」参加企業として、これまでも会社見学・体験を受け入れていただくなど、ご協力いただいております。

山代印刷様は、「『刷る』から『創る』」をモットーに、京都府、京都市等の官公庁、大学・学会関係を中心として、伝票からパンフレット・美術書・学術書出版まで、あらゆる種類の印刷を手掛けておられる会社です。

午前中は、山代晃義社長から会社の説明や印刷という仕事についてお話ししていただき、午後は企画や編集・デザイン、印刷・校正・製本の現場を見学・体験させていただきました。

山代社長は、職場見学・体験を受け入れることについてこのように述べておられます。

「当社に見学者が来ることはめったになく、社員は自分の仕事を分かりやすく説明するために仕事を振り返り整理する良い機会となります。私としては、見学・体験の受入れは社員研修の一環であると考えています。」  

印刷物ができあがるまでの一連の工程を見学した訓練生からは、

〇「印刷という仕事は、印刷物を印刷するだけの仕事ではなく、企画から製本まで様々な仕事によって成り立っていることを知った。」

〇「山代社長のおっしゃった、お客様の想いをかたちにする過程を間近で見せていただき、完成した本を手に取ったときは感動した。改めてものづくりの喜びを実感した。」

といった感想がありました。